プラセンタってなに?どうやって摂取するの?

プラセンタとは何か?

プラセンタは、ヒトなどの哺乳類の胎児と母体をつないでいる胎盤です。

生まれてくる胎児の健康を支えている影響もあって、内部には多種多様な栄養素が含まれており、それに着目して多彩な用途で使う文化が根付きました。

中国の漢方では紫河車と呼ばれ、気血の不足を補うための生薬として使われてきました。

五臓の腎を養いながら、精を益する機能を持っていることも重要です。西洋では医聖のヒポクラテスに見出され、不妊症の治療に使われた記録が残っています。

プラセンタが持っている滋養成分は、栄養不足で悩む人にとっても魅力的となります。この恩恵を享受するために、一般的な食品類や化粧品に関連する商品化も早くから行われてきました。

プラセンタはサプリメントでも摂取できる

食品類の用途では、栄養補助のためのサプリメントが代表的です。もともとが胎盤に由来する原料となるため、アミノ酸類の質と量が極めて充実しています。

ビタミンやミネラル類の量も多いために、サプリメントに配合すれば日常的なストレスや疲れを解消するためにも役立つわけです。

参考:プラセンタサプリのおすすめは?口コミで人気のプラセンタを徹底比較|サプリマガジン

豚や馬などの胎盤をそのままの状態で食することは大変ですが、サプリメントに配合すれば利用しやすくなります。

カプセルの中に詰め込むことによって、独特な見た目も気にせずに摂取できるのは大きな利点と言えるでしょう。

カプセル状のサプリメントの他には、プラセンタを配合したドリンクも発売されています。ドリンクには酵素を配合した種類があり、フルーツも配合して飲みやすさも改善した内容になっているのもうれしいことではないでしょうか。

ゼリー状に加工されているプラセンタも人気

商品化されているプラセンタには、ゼリー状に加工されている種類もあります。

ゼリーにすることで、喉越しも爽やかな状態になり、一種のデザートとしても楽しめるようになるのが魅力です。

十分に冷やしておけば、夏場の水分補給も兼ねて使いやすくなります。ゼリーは低カロリーの種類を選べば、ダイエット中の間食用としても役立つことでしょう。

他の食品と混ぜて使うこともできる種類では、粉末のプラセンタも選ばれています。粉末になっているために持ち運びがしやすく、用途の幅も広くなります

ヨーグルトに混ぜることで、爽やかな酸味で食べやすさが向上し、同時にアミノ酸の量が飛躍的に増加します。

自家製のスムージーを作るときにも、粉末を一緒に入れておけば、栄養価を高めながら簡単に摂取できるのですから便利です。

もしくは、酵素ドリンクと一緒にして摂取することもできますから、好みに合わせて工夫してみてください。

ˆ Back To Top