プラセンタの具体的な働きについて

プラセンタの具体的な働き

プラセンタとは、あらゆる美容にアンチエイジング効果があると言われている美容成分ですが、その具体的な働きの1つとして、抗酸化作用が上げられます。

抗酸化作用とは、体の中に取り入れられた酸素は通常栄養素と結びついてエネルギーに変わり、体のために働いてくれます。

しかし、体の中で余ってしまったものは体の中でサビを作ってしまい(お肌の衰えなど)、これが老化のもととなってしまうのです。

プラセンタはこのサビを取り除く抗酸化作用がありますので、老化の進行を防いでくれ、いつまでも若返りの効果が期待出来るとされています。

また、さらにもう1つのアンチエイジングとしては、体のホルモンバランスを整えてくれる働きもあります。

ホルモンは日々のストレスであったり、外食などの偏食した食事を摂ることなどでも崩れてくるものです。ホルモンバランスが崩れると、こちらも体の老化を進行させてしまいます。

従って、ほんの一時とは思わずに、ホルモンバランスが崩れそうな生活習慣を行っているようでしたら一日も早く改善し、またプラセンタでのサポートも行うことが大切です。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、閉経後の女性の体調を改善してくれる効果が期待出来るのも、このプラセンタのホルモンバランスを整えてくれる効果からきています。

閉経後は、女性らしくいられるためのエストロゲンと言う女性ホルモンの分泌がグッと減少してしまいます。そのため体調を崩しやすくなるのですが(更年期など)、ここでプラセンタを摂ることでもホルモンバランスを整えてくれることが期待できます。

このように、プラセンタは他の美容成分では成し遂げることが難しい美容面に高い効果が発揮されるものですが、美容サプリメントやドリンクなどの他にも、注射薬としても体に取り入れることが出来ます。

もともと人間や動物の胎盤を使用しておりますので、その時に少しの不安を過るのは、感染症などではないでしょうか。

感染症は罹ってしまうと治すのが大変ですので、出来るだけ不安を解消して使いたいというのが本音でしょう。

サプリメントやドリンクも、しっかりと加熱処理をされていますし、また注射薬でも、加熱処理の他にも繰り返し滅菌がなされておりますので、安心して利用出来ます。

特に、注射薬の使用が国に認定されてから50年近くなるのですが、未だに副作用などのトラブルの報告がされていないのも、信頼して使用出来るポイントの1つとなっています。

ˆ Back To Top