プラセンタにも種類があるって本当?

プラセンタの種類

プラセンタは美容に良いことで有名です。取り入れる方法としては経口摂取や化粧品で肌につける、注射を打つなどがあります。

年齢を重ねた肌は徐々に衰え始め、ハリが失われたりたるみが現れたりします。そのような老化を予防して潤いのある肌を作ることができるのがプラセンタですので、アンチエイジング対策として取り入れたい成分です。

プラセンタとは胎盤を表す英語ですが、一般的に普及しているプラセンタは胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを指しています。

胎盤には具体的にどんな成分が含まれている?

胎盤にはアミノ酸やタンパク質、脂質、糖質などの栄養素が豊富に含まれており、ビタミンやミネラル、核酸、酵素などの胎児の成長に欠かせないあらゆる栄養素も含まれています。

この栄養の宝庫であるプラセンタを取り入れることで、自律神経やホルモンバランスを整えたり、活性酸素を取り除いて抵抗力を高めることができます。

また、代謝を活性化させて臓器や細胞の働きを良くしたり、抗炎症作用や抗アレルギー作用もあります。

代表的なプラセンタといえば、馬プラセンタ

これらの効能を得るためにプラセンタを取り入れる場合、覚えておかなければならないことがあります。それは、プラセンタにもいくつかの種類があるということです。

代表的なものとしては馬プラセンタがありますが、これは効果がとても高いのが大きな特徴です。

馬は年に1回1頭だけの出産であり妊娠期間が長いのですが、血統から飼育環境まで徹底して管理された中で育てられていますので、質が良く活性度の高い、更に安全なプラセンタエキスを抽出することができます。

大量に生産できない分高価になりますが、豚プラセンタと比べてもアミノ酸の量が1.2倍という優れたタイプですし、必須アミノ酸であるヒスチジン・フェニルアラニン・メチオニン・トリプトファンも豚プラセンタには含まれないものです。

豚プラセンタは大量生産向き

豚は年に2回、1度に10頭ほどの子豚を産みますので、大量にプラセンタエキスを抽出することが可能です。そのため、馬プラセンタのように高額にはならず、取り入れやすいタイプです。

牛プラセンタが禁止された後はプラセンタに関連する商品の主流になっているのですが、豚は病気にかかりやすいためにワクチンや薬剤をたくさん投与されているケースが多く、安全性を疑問視する声もあります。

しっかりと管理された環境の中で飼育されている豚なら、薬剤の影響がないので安心です。

他にも羊プラセンタや植物由来のプラセンタ、人プラセンタと様々な種類があります。

ˆ Back To Top