プラセンタ注射って何?どこで出来てどんな効果が期待できるの?

プラセンタ注射は効果がある?

プラセンタとは哺乳類の胎盤のことで、胎児がすこやかに成長するために欠かせない栄養が豊富に詰まっているので、美容や健康に効果があります。

成長因子の他にも、タンパク質やアミノ酸が豊富なので、多くのメーカーが化粧品やサプリメントの成分として配合しています。

プラセンタ注射は化粧品やサプリと比べて即効性がある?

プラセンタ注射は、直接薬剤を肌に注入し、ダイレクトに皮膚の奥深くまで成分を届けるので、化粧品やサプリメントよりも即効性を期待できます。お肌のたるみなどの老化を予防し、なめらかで若々しい肌に導けます。

年齢により乱れやすい、お肌の新陳代謝を整えられるので、ニキビや吹き出物を改善し、予防する効果もあるといわれています。美白作用もありますから、シミやくすみが気になる人が受ければ、透明感のある明るい色の肌になれます。

ハリや弾力を与える効果もあるので、たるんでいた肌が引き締まり、しわやほうれい線、毛穴などが目立たなくさせられます。ツルツルの肌になるので、お化粧のノリも良くすることが出来ます。

市販の化粧品やサプリメントを使っても、成分が皮膚の奥深くまでは届かないので、なかなか若い頃のような肌を取り戻すことは出来ませんが、プラセンタ注射を2、3回受ければ、驚くほど簡単にプルプルの肌になれるでしょう。

プラセンタは更年期の対策にも有効って本当?

更年期に起こりやすい自律神経の乱れや、ホルモンバランスを整えることも出来るので、更年期障害や冷え性、生理痛などの症状を和らげたいときにも効果があります。不妊治療にも利用されているので、なかなか子宝に恵まれない人にもおすすめです。

プラセンタ注射は更年期障害や肝機能障害、乳汁分泌不全を改善できるので、内科や皮膚科、産婦人科などの医療機関に行けば、受けることが出来ます。病気を治す目的の注射なら健康保険が適用されるので、少ない費用で済みます。

プラセンタ注射の費用はどれくらい?

エイジングケアなどの美容目的で受ける場合は、美容外科や美容皮膚科などのクリニックへ行くようにしてください。ただし健康保険は適用されないので、全額自己負担になります。

一回の費用は医療機関によって差があるので、事前に問い合わせるか、ホームページで調べておくと良いでしょう。保険適用が受けられれば、1アンプル数百円が相場ですが、受けられないときは2000円前後といわれています。

中には相場よりも格安で受けられるところもありますが、ビタミン剤などを混合しているところもあるので、カウンセリングでよく確認してから治療を受けるようにしてください。プラセンタ注射は継続しないと効果を持続できないので、通いやすい料金設定のところを選びましょう。


プラセンタサプリに副作用の心配はない?アレルギーがあっても大丈夫?

プラセンタに副作用の心配はないの?

プラセンタサプリは豚、馬等の胎盤を使って製造されています。

利用する動物の健康管理、さらに衛生管理は徹底して行われており、さらにそれぞれ製造メーカーの自社基準をクリアした物だけが市場に出回っているため、高品質で安全性の高い物を利用しやすくなっています。

衛生的な原料を利用する事によって、様々な加工を行う必要もなくなる為、より栄養価が高いまま製品にする事もできるようになります。

本来、サプリメントは副作用が起こりにくいものですが...

通常、サプリメントは医薬品とは違うので、副作用は起こりにくいとされています。

また体に対する作用は個人差があり、利用しても何も違和感なく使い続ける事が出来る人もいれば、そうではない人もいます。

プラセンタサプリの場合は、女性が利用すると生理の時期が早くなったり、経血の量が一時的に増える等の症状が出てくる場合も有りますが、これらの症状は基本的には継続摂取し続ける事によって自然に治まって行く事が殆どです。

したがって、プラセンタサプリはその製品に記されている用量用法を守って正しく利用し、さらに製品の保存も正しく行えば、副作用などの心配も殆どない状態で利用する事が出来るようになっています。

人によっては蕁麻疹や痒みが出る場合もある

ただ現在では様々な物質に対してアレルギー症状を発症する人がいますが、実はプラセンタサプリメントももしかしたら発症してしまう可能性がないわけではありません。

例えばアレルギーの症状と言えばじんましんや痒み等があげられますが、人によってはプラセンタサプリを利用する事で痒みを発症してしまう場合があります。

その人の体質によってアレルギー反応が陽性となる場合、経口摂取は勿論の事、実はそのエキスを配合している美容液等を利用しても痒み等を発症してしまう事があります。

アレルギー体質の人は医師に確認をしてから飲んだ方がいい

高い栄養価と言う点でも注目されているプラセンタは、タンパク質やアミノ酸が豊富に含まれています。

その為、サプリメントだから大丈夫だと思って利用すると、実際にはアレルゲンとなる食品を摂取した時と同じ様に反応が出てしまう事があります。

勿論その人によって反応には違いがあり、アレルギー体質の人が全てプラセンタを利用出来ないと言う訳ではありません。

あくまでもプラセンタに反応するかどうかで利用の可否は決まります。

安全に利用する為にもまずは製品に記されている用量用法を守って正しく利用する事、さらに特定の食材や成分に対してアレルギーがある事が予め分かっている場合は、サプリメントにふくまれている成分を確認し、さらに医師にも利用して良いかどうか聞き、許可が出た上で利用する方がより安全です。


プラセンタは化粧品とサプリでは目的が異なるの?

今やプラセンタを用いた製品は数多く見るようになりましたが、その中でも大きく分けると化粧品とサプリの2種類に分けられます。

一見すると同じ成分を摂るわけですから目的や効果も同じように思えるでしょう。しかし実際は明確に違いますので、正しく把握しておくとより効率的に使用できるようになります。

化粧品に含まれるプラセンタの働きとは

まずプラセンタ化粧品における目的は、豊富な栄養素を肌の角質層まで浸透させることにあります。

これは身体の内側から届けるのはなかなか難しいことで、やはり外側から塗って取り入れることで無駄なく効果を得られるようになるのです。

他のスキンケアを目的とした製品同様肌の潤いを保ち乾燥を防げる魅力がある一方で、比較的若い世代よりも30代後半から40代以降の女性たちに対して推奨される化粧品でもあります。

30代を過ぎると、肌の健康状態はどうしても衰えてきてしまいます。10代や20代の頃は割と無茶が利いても、年を重ねてくるとそうはいきません。

加齢や生活習慣の乱れは肌のリズムを狂わせ、外部からの刺激にどんどん弱くなっていってしまうのです。

プラセンタの栄養素はそのような乱れたリズムからの回復をサポートし、刺激にも強い肌を作る目的もあります。いわゆるバリア機能が正常に働いていない女性ほど、こうした製品は重宝することでしょう。

サプリメントに含まれるプラセンタの働きとは

対してサプリにおける目的とは、身体の内側からプラセンタを摂取し健康的な毎日を過ごしていくことにあります。

こちらも10代や20代の間はまだあまり強く必要とされはしないのですが、30代以降に表れる身体の色々な年齢サインに対してアプローチをしていくのに活躍してくれます。

最も大きな役割としては、食生活の中では補いきれない栄養素を補給できることが挙げられます。

仕事や家事に追われ自分の身体をしっかり管理してあげられていないような女性の皆さんは、サプリの摂取から健康な毎日に必要な栄養素を補給しておくと安心です。無論、身体の内側からでも美容面への効果は大きく期待できます。

以上のように化粧品とサプリには明らかな目的の違いがあります。

ただし肌のことを考えるのであれば身体の外側からも内側からもケアをしていくに越したことはないため、どちらのプラセンタ製品も同時進行で使用していくのが望ましいとされています。

何事も継続していかなければ結果にはなりませんから、最近特に肌トラブルを多く感じている人はこれを機に化粧品もサプリも手に取ってみましょう。


プラセンタにも種類があるって本当?

プラセンタの種類

プラセンタは美容に良いことで有名です。取り入れる方法としては経口摂取や化粧品で肌につける、注射を打つなどがあります。

年齢を重ねた肌は徐々に衰え始め、ハリが失われたりたるみが現れたりします。そのような老化を予防して潤いのある肌を作ることができるのがプラセンタですので、アンチエイジング対策として取り入れたい成分です。

プラセンタとは胎盤を表す英語ですが、一般的に普及しているプラセンタは胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスのことを指しています。

胎盤には具体的にどんな成分が含まれている?

胎盤にはアミノ酸やタンパク質、脂質、糖質などの栄養素が豊富に含まれており、ビタミンやミネラル、核酸、酵素などの胎児の成長に欠かせないあらゆる栄養素も含まれています。

この栄養の宝庫であるプラセンタを取り入れることで、自律神経やホルモンバランスを整えたり、活性酸素を取り除いて抵抗力を高めることができます。

また、代謝を活性化させて臓器や細胞の働きを良くしたり、抗炎症作用や抗アレルギー作用もあります。

代表的なプラセンタといえば、馬プラセンタ

これらの効能を得るためにプラセンタを取り入れる場合、覚えておかなければならないことがあります。それは、プラセンタにもいくつかの種類があるということです。

代表的なものとしては馬プラセンタがありますが、これは効果がとても高いのが大きな特徴です。

馬は年に1回1頭だけの出産であり妊娠期間が長いのですが、血統から飼育環境まで徹底して管理された中で育てられていますので、質が良く活性度の高い、更に安全なプラセンタエキスを抽出することができます。

大量に生産できない分高価になりますが、豚プラセンタと比べてもアミノ酸の量が1.2倍という優れたタイプですし、必須アミノ酸であるヒスチジン・フェニルアラニン・メチオニン・トリプトファンも豚プラセンタには含まれないものです。

豚プラセンタは大量生産向き

豚は年に2回、1度に10頭ほどの子豚を産みますので、大量にプラセンタエキスを抽出することが可能です。そのため、馬プラセンタのように高額にはならず、取り入れやすいタイプです。

牛プラセンタが禁止された後はプラセンタに関連する商品の主流になっているのですが、豚は病気にかかりやすいためにワクチンや薬剤をたくさん投与されているケースが多く、安全性を疑問視する声もあります。

しっかりと管理された環境の中で飼育されている豚なら、薬剤の影響がないので安心です。

他にも羊プラセンタや植物由来のプラセンタ、人プラセンタと様々な種類があります。


プラセンタの具体的な働きについて

プラセンタの具体的な働き

プラセンタとは、あらゆる美容にアンチエイジング効果があると言われている美容成分ですが、その具体的な働きの1つとして、抗酸化作用が上げられます。

抗酸化作用とは、体の中に取り入れられた酸素は通常栄養素と結びついてエネルギーに変わり、体のために働いてくれます。

しかし、体の中で余ってしまったものは体の中でサビを作ってしまい(お肌の衰えなど)、これが老化のもととなってしまうのです。

プラセンタはこのサビを取り除く抗酸化作用がありますので、老化の進行を防いでくれ、いつまでも若返りの効果が期待出来るとされています。

また、さらにもう1つのアンチエイジングとしては、体のホルモンバランスを整えてくれる働きもあります。

ホルモンは日々のストレスであったり、外食などの偏食した食事を摂ることなどでも崩れてくるものです。ホルモンバランスが崩れると、こちらも体の老化を進行させてしまいます。

従って、ほんの一時とは思わずに、ホルモンバランスが崩れそうな生活習慣を行っているようでしたら一日も早く改善し、またプラセンタでのサポートも行うことが大切です。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、閉経後の女性の体調を改善してくれる効果が期待出来るのも、このプラセンタのホルモンバランスを整えてくれる効果からきています。

閉経後は、女性らしくいられるためのエストロゲンと言う女性ホルモンの分泌がグッと減少してしまいます。そのため体調を崩しやすくなるのですが(更年期など)、ここでプラセンタを摂ることでもホルモンバランスを整えてくれることが期待できます。

このように、プラセンタは他の美容成分では成し遂げることが難しい美容面に高い効果が発揮されるものですが、美容サプリメントやドリンクなどの他にも、注射薬としても体に取り入れることが出来ます。

もともと人間や動物の胎盤を使用しておりますので、その時に少しの不安を過るのは、感染症などではないでしょうか。

感染症は罹ってしまうと治すのが大変ですので、出来るだけ不安を解消して使いたいというのが本音でしょう。

サプリメントやドリンクも、しっかりと加熱処理をされていますし、また注射薬でも、加熱処理の他にも繰り返し滅菌がなされておりますので、安心して利用出来ます。

特に、注射薬の使用が国に認定されてから50年近くなるのですが、未だに副作用などのトラブルの報告がされていないのも、信頼して使用出来るポイントの1つとなっています。


ˆ Back To Top